• topvisA-1
  • topvisA-2
  • topvisA-4
  • topvisA-5
  • topvisA-3

子どもが虫歯にならないためのブラッシング方法

今回は子どものブラッシング方法について説明させていただきます。



歯磨きを始める時期は、乳歯が生え始めた頃が良いと言われています。

個人差はありますが、大体生後6ヶ月頃から下の前歯2本が生え始め、2歳半から3歳までに乳歯が生え揃います。

そして6歳頃から第一大臼歯=永久歯が生え始めてきます。

生え始めの歯は、エナメル質が脆く虫歯になりやすいので特に注意が必要です。



ブラッシングのポイント
①歯面に対して直角に当てるようにしましょう。
ハブラシを歯と歯茎の境目、歯と歯の間に当ててください。

特に前歯の間や奥歯の溝は虫歯になりやすいのでよく磨きましょう。

②優しい力で磨きましょう。
毛先が広がらない程度が目安です。力が強いと歯茎を傷つけたり、歯垢が取れにくくなったりします。

又、痛みにより子どもが歯磨きを嫌う原因にもつながります。

③小刻みに動かしましょう。
5㎜〜10㎜の幅で一箇所につき20回程度動かします。

一本一本丁寧に磨くよう意識してみてください。



まずは乳歯が生えてきたら歯ブラシに慣れ、最終的には自分で綺麗に磨けることを目標にしましょう。

仕上げ磨きは、小学校中学年くらいまでは行ってください。

特に夜寝ているときは唾液量が減り、細菌が増殖しやすいので

夜寝る前の仕上げ磨きは行いましょう。

2018年11月06日 10:31

いちファミリー歯科医院

千葉県野田市柳沢24-34

04-7120-3232

モバイルサイト

いちファミリー歯科医院|千葉県野田市柳沢 ベルク野田柳沢にある歯科医院 愛宕清水公園野田市七光台からも通院可能ですスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら